KIKONI SISKO blog
--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014/01/25//Sat.
cafevino 取り扱いはじまりました


cafevino-001--03.jpg


「コーヒーもワインのように作り手や土地が表現されるべき」

そんな思いから始まったcafevino

福岡県久留米市のCOFFEE COUNTYにより作られたものです。

cafevino-001-04.jpg
cafevino…..
コーヒーが育まれた場所に赴き、木々を育てる人々を知り、
そこにある幾多の仕事を学び、食生活や文化を感じたもの。
私たちがきちんと自信を持って伝えていける、そんなコーヒーだけを
丁寧にボトリングしています。
ラベルにはコーヒー農園の名前を冠し、農園で感じたイメージを込めました。
cafevinoのための独自のロースティング(焙煎)、そして試行錯誤を重ねた
抽出によりコーヒー豆それぞれの個性を引き出しています。
まずは一杯のグラスで個性を感じてみてください。
今期はエンバハーダ農園とカサブランカ農園の2種類をリリース。
・cafevinoは液体、ストレートのコーヒーです。砂糖や保存料は一切入れていません。


cafevino-001--10.jpg
cafevino Nicaragua Casa Blanca 720ml
中米・ニカラグアの最高品質コーヒーを生み出すヌエヴァ・セゴヴィア地域
ディピルト地区に位置するカサブランカ農園、
セルヒオさんのつくるコーヒー。収穫後のコーヒーの実の果実を剥かず
そのまま乾燥させる、「ナチュラル」という
中米においては特殊な生産処理方法により仕上げられたコーヒーです。
その生産処理方法は別名”ワイニー”とも呼ばれるようにワインのように甘く
香るボディ感が特徴的です。
品種はフルーツ感を豊かに感じさせる大粒のパカマラ種。
ナチュラルプロセスと相まって、余韻をより一層華やかに甘く印象的なものにしています。

cafevino-001--09.jpg
cafevino Nicaragua La Embajada 720ml
ラ・エンバハーダ農園には車で登れる限界と思えるような未舗装の山道を
1時間半程走らせなければ辿り着けません。
ですが農園主のセルヒオさんにはそんな何かと困難な場所にコーヒー農園を
開いた確固たる理由があります。
ラ・エンバハーダ農園はヌエヴァ・セゴヴィア地域のモソンテ地区に位置、
ニカラグア屈指の標高、特有の微小気候が素晴らしい味わいのコーヒーを
作り出すからです。口に含むと滑らかな舌触りにフローラルな印象、高い標高に
よる昼夜の寒暖差がもたらす豊かな酸が味わいに骨格を与え果実の余韻となり
長く続いていきます。



そして、コーヒー好きの方への贈り物や、今の季節甘いものが苦手な方への

バレンタインプレゼントにいかがでしょう?

cafevino-001--06.jpg

cafevino-001--05.jpg
cafevino glass
cafevinoをより美味しく飲んでいただくためのグラスです。
ワインのようにコーヒーを楽しむ為のアイテムとして一緒にお使い頂いたり一緒に贈り物にいかがでしょう?


cafevino-001--08.jpg

cafevino-001--07.jpg


ONLINE SHOPからもご購入頂けます。

ちょっと気のきいたプレゼントにいかがでしょう!!!!


Instagram


food | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する


trackback

trackback_url

copyright (C) KIKONI SISKO blog all rights reserved.
[ template by kikoni sisko ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。